webサイト

 

seo対策は最近ちまたでいろんな方向で議論される。

 

正直今後も必要なものか?

 

そうでないものか?

 

見極めるひつようがありそうだ。

 

オリンピックは感動やドラマが有り、選手たちが熱い戦いを繰り広げる場です。

招致合戦の末にようやく手にしたのが2020東京オリンピック開催地決定でした。プレゼンテーションでは我が国の総理大臣が自らスピーチを行い、開催地としてふさわしい都市であることを強くアピールしました。

その結果、2020東京オリンピックの開催地として見事選ばれることになったのです。
2020東京は54年ぶり二度目の開催地となります。

先のオリンピック前には沖縄が未だアメリカの統治下に置かれながらも、感動的な大会となり、我が国の敗戦からの復興を強く世界にアピールすることができました。

2020東京が開催地に決まったことは、国家の進むべき道筋を示し、そして間違いなく国民に希望を与える大変よいきっかけとなります。
7年というのは短いようであっという間にやってきます。

選手が最高の場で競技を行えるよう、国民が一丸となってオリンピックに向けた準備に取り組む必要があります。

それまでに生活環境をみつめなおしたいです。

前回の東京オリンピックでは新幹線が開通したりと、国民の生活にも大きな変化がもたらされました。
次回はどんな大きな変化があるのか、楽しみでもあります。


草木染とは、草や木の葉、樹皮などを煮出した液を染料として布を染めることを言います。
藍を使って染めると藍色に染まり、紅花を使うと紅色になります。ヨモギやウコン、柿渋などは昔から使われている天然染料です。

また植物だけではなく、貝や虫、土など、天然の素材を染料とする染色法の総称として草木染めということもあります。
身近にあるたまねぎの皮やほうれん草といったものをつかうことで、本格的な草木染めとまではいかなくとも、ちょっとしたものであれば自宅でも体験することが簡単に出来ます。
たまねぎを使う場合、通常捨ててしまうオレンジ色の皮の部分を集めておきます。それを煮出してやると、薄い何ともいえない赤茶けた水が出来ますのでそこに布を入れることで草木染めの完成です。
ただ、天然染料は色素の含有量が一定同じ色を出すのはほぼ不可能と言われています。また天然染料は濃い色に染めるのは手間が非常にかかったり、季節によって染色の向き不向きがあります。一つ一つ、同じ作品にならないのが草木染めのよさです。